子宮筋腫の検査と治療・手術

子宮筋腫とは

女性の4人に1人はかかる症状

子宮筋腫は、子宮壁にできる良性の腫瘍です。
腫瘍ができる原因は明確ではありませんが、卵巣から分泌される女性ホルモンが作用して、筋肉が異常増殖すると考えられています。

こんな症状はありませんか?

  • 貧血が頻繁に起こる。
  • 頻尿気味で、夜中、トイレに行くことが多くなった。
  • 便秘に悩まされることが多い。
  • 普段よりも強い月経痛がある。

上記のような症状によって当院を受診される患者様が多いですが、必ずしも症状が出る訳ではありません。
また、患者様によって進行度合いは異なります。

子宮筋腫は突然、悪性腫瘍に変化することはほとんどありません。
しかし、不妊症の原因になることも少なからずありますので、早めに治療するようにしましょう。

子宮筋腫の種類

  • 筋層内筋腫:子宮壁の筋層内にできる筋腫
    →月経時の経血が増える。不妊症の原因になることもある。
  • 漿膜下(しょうまくか)筋腫:子宮壁の外側にできる筋腫
    膀胱・直腸などを圧迫し、頻尿や便秘の原因になることもある。
  • 粘膜下筋腫:子宮の内側にできる筋腫
    →過多月経による貧血が強く出ることが多い。不妊症の原因になることもある。
  • 頸部筋腫:子宮の腟側にできる筋腫
    →過多月経になり、貧血状態が起こりやすくなる。

治療法について

患者様のお身体の状態に合わせた治療法を

子宮筋腫の治療法は、筋腫がどの部分にできているか、そしてその大きさや数を考慮した上で最終的に決定していきます。

  • 経過観察
    →1年に数回の検査を経て、筋腫の変化を確認していきます。
  • 薬物療法
    薬物によって女性ホルモンの分泌を止めて、一定期間、無月経の状態にします。(GnRHアナログ療法)
  • 手術療法
    筋腫だけを摘出する「筋腫核出手術」と子宮をすべて摘出する「子宮全摘出手術」があります。

閉経が近い患者様は、手術という選択ではなく、閉経まで薬物療法によって対処することを推奨しています。つまり、子宮筋腫の治療は、症状だけでなく、年齢なども含めた複合的な判断が必要です。

TEL:019-623-4881
一番上に戻る